男性を振り向かせるためにはアタメ!

アタックメールを使いこなす

メールレディとして活動している女性は、国内にたくさんいます。それはもう数え切れないほどの数です。
それほどライバルが多いと、どんどんアナタの存在が埋もれていってしまいます。メールレディは男性とやりとりをしないと、お金が稼げません。
そのためあなたの存在をアピールするのが大切です。そんな時に役立つのがアタックメール。アタックメールとは男性へ送信する、いわば営業メールです。
営業メールを送信することで、アナタの存在を簡単にアピールできます。

アタックメールで男性にアピール

アタックメールとは女性から男性会員に対して、返事が貰えるように打つメールの事です。メールレディサイトに登録した後には、誰だって最初は客がついていません。そのためどんどんアナタの存在を知らせるのが大切です。
男性がログインしている時に送信しておくと、返事が貰えやすいのが特徴的。いつまでも男性からのメールを健気に待つのもいいですが、それだといつまでたってもメールでのやりとりができません。
そのような事態を解消してくれるのが、アタックメールなのです。賢く使いこなせば、男性からの返信もグッと増えますよ。

送信する時のコツ

アタックメールを賢く使うためのコツを紹介していきます。自分にとってやりやすい方法からトライしていきましょう。

<アタックメールのコツ>
●定型文を作って1日に100通以上は送信する
●文中に相手のハンドルネームを入れる
●文頭はあいさつから
●長すぎない量の自己紹介を入れる
●男性のプロフィールに触れる
●完璧な日本語にしようとしなくてもOK
●男性にメールした経緯を話す

アタックメールは男性に一方的に送信するメールなので、どのサイトにも一斉送信機能があります。そのため「ひとりひとりに送信するなんて面倒」と感じる必要もありません。
また文中に相手のハンドルネームを記入する理由ですが、一斉送信と気づかれないためでもありますが特別感を演出するという意味でも効果的。
「あなただけに送信しています」「○○さんの事が気になってメールしちゃいました」という風な雰囲気を醸し出せればOKです。

アタックメールのNG例

アタックメールは、綺麗な日本語を心がける必要はありません。友達にメールするような感覚でOK。
また男性の心を掴むのが必要なので、無愛想に感じ取れる短文はあまりオススメできません。短文は「面倒だけど送信している」「とりあえず返信ちょうだい」といったような印象を与えかねません。
そのため軽い挨拶から今日の出来事、返信待っていますまでの文章は書いた方が得策です。
自分が男性だったらどんな女性がいいかな、と想像しながら文章を作っていると結構楽しいものですよ。