身元バレが一番怖い?対策法していこう

身バレを防ごう

「ネット上で働くなんて気が進まない」「顔は公表しないといけないの?」と、メールレディのお仕事に不信感がある人もいるのではないでしょうか。
しかしメールレディは、匿名性が高いお仕事なのです。顔を男性に見せる必要がないと同時に、公表する必要性もありません。
どのようにして男性を惹きつけるかは、すべてあなた次第なのです。

身バレとは?

身バレの意味知っていますか?
身バレとは、女性自身の身元がバレるという意味です。男性側に本名や住所がバレてしまうことを指しています。
そのため顔を公表するのであれば、それなりの覚悟が必要です。
「顔だけで身バレなんて大げさな」と思うかもしれませんが、あなたと同じ会社で働いている男性があなたをサイトで見つけてしまった場合どうでしょう?
「あなたネットで男性カモにしているんですか?」なんて言われて風評被害を被ることもあり得るのです。
もちろんメールレディは立派なお仕事です。しかしよく理解していない男性からすると、男性をエサに変なことしている人と思われてしまうかもしれません。
そんな誤解を生まないためにも、顔バレをする際にはきちんとバレないように対策するのが必須なのです。
もちろん「顔出ししないと客が寄ってこなさそう」と感じている人は、自由に顔出ししてもOK。
顔出しは自由ですが、少しリスクがあるという事実を把握しておきましょう。

過度にごまかすのがコツ

顔出しはリスクが伴うという説明をしてきましたが、実は大半のメールレディは顔出しをしています。
「言っていることが矛盾している!」と感じますよね。しかし顔出ししている人は、十分に対策をしているということを忘れてはいけません。
例えば加工が良い例です。最近のスマホアプリでは、別人かと思うくらいまで加工が可能です。
太っているのを痩せているように見せたり、その逆で痩せすぎているのを少しふっくらさせたりすることも可能。
また、自分がいつもとしないような濃いメイクをして男性の目を誤魔化す人も。最近では自撮りの仕方によって、まったくの別人に見えるワザもあります。
つまり顔出しをするなら、それなりの加工や工夫をしておいたほうが安全なのです。
いつもと違う自分を演じる事で、モチベーションにもつながります。
メールレディで男性に顔を見せる際には、過度に編集を加えた写真を載せておきましょう。
ネット上では自分の身は、自分自身で守らないといけません!