人気のフィプロフォートプラスでノミ・ダニ予防

\90秒で注文完了/フィプロフォートプラスの購入はこちら

犬のイメージ ペットのノミ・ダニ対策として動物病院でフロントラインプラスを処方してもらっている飼い主さんもいるかと思います。フロントラインプラスはノミやダニを徹底的に駆除・予防するのに最適なお薬ですが、毎月動物病院へ行くのが面倒だったり薬代が高くて負担だったり・・・といった不満はありませんか??

 

そこで!そんな飼い主さんに朗報なのが、フィプロフォートプラスというお薬です。

このお薬はフロントラインプラスのジェネリック医薬品なので、効果効能は同じなのに価格は約1/2で買えちゃうのです。

効果も使い方も有効成分も同じ…なのに価格は半額となれば、どちらを選ぶほうが賢いかもうお分かりですよね?

もちろんどちらを選ぶかはあなた次第ですが、ここではとってもお得に買えるフィプロフォートプラスについて紹介します。

 

フィプロフォートプラスのノミ・マダニに対する効果

犬のイメージフィプロフォートプラスは犬と猫に使える寄生虫駆除薬です。効果がある寄生虫は体の表面に寄生するノミとマダニ、犬のシラミ、猫のハジラミとなります。

これらの寄生虫を一気に駆除できるので、別々のお薬を使う手間が省けます。

 

フィプロフォートプラスの有効成分は「フィプロニル」と「S-メトプレン」の2種類です。

この2つの有効成分が効果的に、ノミダニの駆除と再寄生を予防してくれるのです。

 

まず、フィプロニルがノミやダニに働きかけることによって、異常な興奮状態となって死んでしまいます。

この効果によって、ノミやダニを効果的に駆除します。

臨床試験や研究データによると、フィプロニルによるノミやダニの駆除効果は、投与から数日でほぼ100%と非常に高くなっており、ノミやダニが寄生してから産卵する前に駆除が完了します。

 

そのため、寄生の発覚と早期駆除を行った場合、自宅などにノミやダニが繁殖するといったことを防げます。

 

また、S-メトプレンはノミの幼虫に作用して、幼虫が成虫へと成長するのを阻害する効果を持っています。

そのため、ノミやダニの寄生に気づくのが遅れ、産卵が始まってしまったとしても、S-メトプレンの効果によって卵が孵化しなくなる、孵化しても幼虫から成虫へと成長しなくなるので、卵から孵化したノミやダニが再びペットに寄生したり飼い主に寄生するのを防ぐ効果を持っていいます。

 

フィプロフォートプラスは、このようにノミやダニを駆除しつつ、その成長を妨げるという二つの効果によって、効果的に駆除と最寄生の予防を行えます。

寄生虫対策は必要?みんなに知ってほしい寄生虫の被害

ノミやダニの駆除や予防が必要といっても、痒みが出たりするだけでは?と考える飼い主は少なくありません。

ですが、実際ノミやダニに寄生されてしまうと、非常に危険な状態になりえるため適切な駆除や予防を行うことは必須となっています。

 

では、ノミやダニに寄生されることによって発生するリスクにはどういったものがあるのでしょうか?

ここからは、ノミヤダニの寄生によって発生するリスクについて詳しく紹介していきます。

ノミのリスクは?

猫のイメージノミに寄生されることによって、起きる特徴的な症状はやはり強い痒みです。

痒みに対して、飼い主である人は我慢したりすることもできますが、強く掻きむしってしまえば皮膚が傷つき、そこから様々な感染症に感染してしまうリスクが生まれます。

 

また、ノミ自体が病原菌を持っている可能性もあります。そのため、犬や猫がノミから病原菌に感染して病気を発症してしまうケースがあります。

そして、病気に感染した犬や猫から飼い主へと感染するリスクも…。

代表的な感染症としては、猫ひっかき病と呼ばれるバルトネラ症や瓜実条虫症があります。

 

バルトネラ症はバルトネラ菌と呼ばれる菌を保菌したノミに吸血されることで猫に感染し、感染した猫からのひっかき傷などから飼い主に感染します。

このバルトネラ症の怖い部分がバルトネラ菌に感染した猫や犬は何か特別な症状があらわれたりといったことはありません。

無症状であるため、感染に飼い主が気づかないというケースがほとんどです。

 

また、瓜実条虫症はいわゆるサナダ虫と呼ばれるものに感染する病気です。

サナダ虫が寄生しているノミを潰した手を舐めたり、することによって人にも感染します。

寄生数が少なければ人に寄生しても、症状はありませんが寄生数が多くなると下痢などの症状を発症する可能性があります。

ダニのリスクは?

ダニに寄生されることによって、発生するリスクとしては貧血があります。

ノミのように強い痒みが発生するケースもありますが、マダニに多数寄生された場合、多量の血液を吸収されることによって貧血になってしまうことも。

また、ダニの種類によっては吸血のために口を体内に差し込んで固定するため、人の手で駆除したりすると口が体内に残ったままになるケースも。

 

人も、マダニから重症熱性血小板減少症候群(SFTS)と呼ばれる疾患に感染する可能性があります。

この重症熱性血小板減少症候群は、これまでに数十人の死者が出るほどの非常にリスクの高い感染症となっているため、ペットを飼う上でマダニの駆除や予防というのは必須となっています。

 

フロントラインプラスとフィプロフォートプラスの違い

猫のイメージフロントラインプラスとフィプロフォートプラスの違いは、製薬会社の違いになります。

フィプロフォートプラスはフロントラインプラスと配合されている有効成分は同じになるので、いわゆるジェネリック医薬品というものになります。

 

ジェネリック医薬品という名称はテレビなどで聞いた事や目にした事がある人は多いでしょう。

ジェネリック医薬品は特許が切れた医薬品を元に作られた、同じ成分をつかって同じ効果が期待できる医薬品になります。

そのため、フロントラインプラスのジェネリック医薬品であるフィプロフォートプラスは、同じ成分でできており、同じ効果を期待できます。

 

また、ジェネリック医薬品は新薬とは違って元となる新薬があるので、薬の開発研究にかかる時間やコストが新薬に比べて大幅に軽減されます。

その結果、商品化までにかかる費用が抑えられているので、販売価格自体も新薬に比べて抑えられています。

 

フィプロフォートプラスはどのくらい安いのか?

通販を利用する様子ジェネリック医薬品は新薬よりも安いとなると気になるのは当然、新薬であるフロントラインプラスと比べてフィプロフォートプラスはどのぐらい安くなるのか?という事でしょう。

ここからは、フィプロフォートプラスがフロントラインプラスと比べてどの程度安いのかについて紹介していきます。

 

小型兼用の物で比較すると

フロントラインプラスは3本で3,200円であるのに対して、フィプロフォートプラスであれば3本で2,100円と実に1,000円もの違いがあります

1回当たり300円程度の費用を抑えることができます。

300円程度というと、そこまで大きな違いに見えますが、ノミダニ予防薬は継続しての投与が必要なものであるからこそ、少しでもお得に購入できることが大きなメリットに繋がります。

 

また、フロントラインプラス、フィプロフォートプラスの価格は通販での価格を比較しています。

病院などで処方してもらう場合には、更に大きな差が生まれるので、フィプロフォートプラスを上手に活用することが大切です。

 

フィプロフォートプラスは動物病院で処方してもらえない!

フロントラインプラスは動物病院で処方してもらう事が可能ですが、当サイトで紹介しているフィプロフォートプラスは動物病院では処方してもらう事はできません

このフィプロフォートプラスは海外だけで認可されている動物用医薬品であるため、国内ではまだ認可されておらず処方してもらうことができません。

 

しかし、そんなフィプロフォートプラスも、通販を利用して購入することが可能です。

ここでいう通販というのは、ネット通販ではなく個人輸入代行と呼ばれるサービスになります。

そのため、amazonなどでフィプロフォートプラスを探しても見つけることはできないので注意が必要です

現在は、こうした個人輸入の代行サービスを簡単に検索サイトを使えば見つけることができるので上手に活用してみましょう。

 

個人輸入の通販って難しそう・・・

個人輸入の代行と聞くと難しそうなイメージを持たれる方もいます。

しかし、実際に個人輸入代行を使ってみると分かりますが、非常に簡単かつ手軽に利用することができます。

そもそも、個人輸入というのは、医薬品を個人使用を目的として海外から直接個人的に輸入する方法でした。

しかし、その方法を使う場合、現地とのやり取りを自身で行う必要があったり、輸入に関する法的な問題も全て自分でクリアする必要がありました。

 

そのため、個人輸入を使う事は非常に高いハードルがあったのです。

しかし、現在はそうした難しい海外とのやり取りや法的な問題を全て代行してくれるサービスがあるので、ネット通販と同じような感覚で個人輸入を行えるようになっています。

 

個人輸入代行を利用するときの注意点

通販を利用する様子個人輸入代行を利用すれば簡単にフィプロフォートプラスを手にすることが可能になっています。

しかし、簡単に手に入れることはできますが、個人輸入の代行サービスを利用する場合には気をつけるべきポイントがいくつもあります。

そのため、適切に個人輸入代行を利用するためにも、個人輸入代行を利用するときの注意点を把握しておくようにしましょう。

 

この注意点というのが利用する上でのルールになります。

個人輸入は前述の通り、個人使用を目的として輸入する場合にのみ認められています。

そのため、個人輸入で手に入れたフィプロフォートプラスを誰かに譲渡したり、販売するといったことは法律違反となってしまいます。

そのため、フィプロフォートプラスを利用する場合は、自身が飼っているペットのためだけに利用するようにしましょう。

売ったり譲渡する以外にも、第三者から譲り受けるような場合も、違法となります。

また、誰かに変わって輸入する行為も当然禁止です。

 

このように、個人輸入代行サービスは非常に手軽に利用できる便利なものですが、利用するためには適切にルールを守る必要があります。上手に個人輸入代行サービスを利用するためにも、ルールを守って使うようにしましょう。

 

通販でフィプロフォートプラスを買ってる方の口コミ

ここからは、実際に通販を利用してフィプロフォートプラスを購入している人の口コミを紹介したいと思います。

実際に使っている人の口コミを参考にすることで、良いか悪いかを判断しやすくなるので、是非参考にしてみてください。

フィプロフォートプラスを使ってイマイチだった口コミ

・これまで、フロントラインプラスを使ってましたが、通販でフィプロフォートプラスが買えるという事で使ってみました。

使い勝手などの面は特に大きな違いはないものの、やはり個人輸入だと手元に届くまでに時間がかかるので、そこがネックですね。

面倒な時は、病院でフロントラインプラスを処方してもらってます。

価格も1回あたりの違いはそこまで大きいとも感じませんし、早く手に入る病院をメインで使いながら、時々通販を使ったり使わなかったりっていう感じです。

 

フィプロフォートプラスを使って良かった口コミ

・フロントラインプラスを以前使っていましたが、フィプロフォートプラスに買えました。

なんといっても、価格が段違いなので費用的な負担が減るのが嬉しいですね。

手元に届くまでに時間がかかりますが、前もってまとめて購入しておけば手元に届くまでにかかる時間もあまり気になりませんし、在庫がなくなってきたら追加でまとめて注文すれば在庫切れになるということもないので助かります。

ただ、注文を忘れるとどうしても待つ必要があるのでそこだけは注意ですかね。

まとめ

フィプロフォートプラスノミやダニの予防や駆除に対して高い効果を発揮するフィプロフォートプラス。

動物病院では処方してもらう事ができないため、基本的に手に入れる方法は通販を使って手に入れるのみになります。

現在、通販は非常に簡単かつ手軽に利用することができ、病院で処方してもらう場合と比べても費用的によりお得に手にすることが出来るようになるので、通販を上手に活用して、フィプロフォートプラスを手にしてノミやダニの予防を行うようにしましょう

 

フィプロフォートプラスの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました